10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

ブラックファントムテトラ飼育方法|混泳・水流・寿命について

ブラックファントムテトラの飼育方法

ブラックファントムテトラの成魚は水質にうるさくなく初心者でも育てやすいカラシン科の魚です。小型観賞魚の中では黒い姿が珍しく好みが別れることも。この記事ではブラックファントムテトラの飼育方法(繁殖・混泳相性・餌・好む水流など)についてまとめいます。

目次

ブラックファントムテトラはどんな熱帯魚?

ブラックファントム・テトラの情報
分類カラシン目
カラシン科
学名Hyphessobrycon Megalopterus
別名
分布ブラジル
コロンビア
大きさ3cm〜5cm
寿命3年〜5年
育成難易度
温度22度〜27度
水質4.5〜7.0
硬度1〜8
繁殖ばら撒き
参考価格140円〜

背丈のある黒い熱帯魚

レッドファントムテトラと同じ背鰭が大きく誇張された熱帯魚。銀色の胴体と黒いヒレが特徴的で水槽内のイメージをシックにしてくれます。レッドファントムテトラと同じ水槽内で売られていることもあり、かつ両者の色乗りが悪い場合はレッドファントムテトラと間違えて入れられてしまうケースもあるようです。

温厚でエビとの混泳も可能

ブラックファントムテトラは割と温厚な部類なので、3cm前後の小さい頃からチェリーシュリンプなどの小さなエビと混泳し、育てていれば襲うことはかなり少ないです。(稚エビは捕食されることが多い)ヤマトヌマエビや成体のミナミヌマエビなどは元々大きいので手を出すことはありません。

ブラックファントムテトラの飼育方法

導入時は水合わせをしよう

ブラックファントムテトラを購入した場合、ショップからの持ち帰りでも通販でも、まずは水合わせが必要です。水合わせとは飼育環境とショップなどでの管理環境における水質をできるだけ合わせることを指します。

水合わせの一例
  1. 購入してきた袋を水槽に浮かべる。もしくは同じ温度の水が入ったバケツに袋ごと入れて30分放置。
  2. 袋に2〜3ヶ所穴を開けて導入する水槽に浮かべてさらに30分。(穴の空いた面を水中に)
  3. 袋にハサミを入れて先程よりも水が混ざるようにする。さらに30分放置。
  4. 最後に個体を水槽にうつし、袋の水は袋ごと取り除く。(気にならなければ水も入れて良い)

上記は水合わせの簡易的な一例になります。PHをより正確に慎重に合わせストレスを軽減させたい場合は点滴法とってエアチューブを使って飼育水槽から購入した袋へ一滴ずつ水を送り込んで調和せる方法がおすすめです。

水質は弱酸性を好む

ブラックファントムテトラの色乗りが良い環境は流木の根や枝が多く配置されたレイアウトであることが多いです。低pHを好むのでマジックリーフやヤシャブシの実などを加えると良いでしょう。

水流の設定について

ブラックファントムテトラは元々、小さい湖や池といった水流の少ない場所に生息しています。水槽内も滞留した所に集団で固まっていることも珍しくありません。

隠れ家を多く用意した方が良い

隠れ家が一切ない環境下だと色が薄くなったり飛んでしまったりします。先述したようにブラックウォーターを作ってあげ、なおかつ流木や水草を多めに入れてあげると本来の色を引き出すことが狙えます。

ブラックファントムテトラの餌

フレーク顆粒タイプイトメ
冷凍アカムシブラインシュリンプ

導入したばかりのブラックファントムテトラは餌に手をつけないことが多いですが、初めからフレークを食べる魚と混浴させることで食事の誘発を狙うことができます。(他の魚を見て学習する)

また、フレークをすり潰してあげると口に含みやすく食べてくれる確率が上がります。環境に馴染めばフレークの塊事食べるようになります。 餌は2週間食べなくても死にはしません。

ブラックファントムテトラの病気と死因

白点病になりやすい

ディープレッドホタルテトラは導入時などに白点病になっていることが多いです。したがって水槽に入れる前によく観察し、白い点がついていないか確認しましょう。後から発症することもあるので新入りのディープレッドホタルテトラはアグテンなどでトリートメントすることをおすすめします。

白点病

見た目は身体に白い点が増えていく病気です。寄生虫が原因で水槽内の魚への繁殖力は強いです。導入時に合わせて水槽内に唐辛子を入れておくと初期治療や予防ができ、水草にも影響がないためおすすめ。気になる場合はヒコサンZやアグテンメチレンブルーで1週間別水槽で薬浴してから水槽に加えるのが最も安全。

尾ぐされ病

ヒレがバサバサとボロボロになっていく病気。魚の風邪とも言われるくらい発症しやすい病気でもあります。塩浴をすると悪化するので注意。適度な水換えをしつつ放置しておいても治りますが、気になるようなら隔離水槽でヒコサンZなどを使って薬浴しましょう。

ブラックファントムテトラの繁殖について

稚魚の隠れ家を確保出来るレイアウトにしよう

ブラックファントムテトラの繁殖は飼育下でも可能です。成熟前はオスメスの判断が難しいですが、成長するとメスはお腹がふっくらとし、オスが追いかけ回すので判断がつくようになります。

ブラックファントムテトラはばら撒き型の産卵方法をとるため、水草や障害物の多いレイアウトがおすすめ。生まれた稚魚の隠れ家になる場所が多いほど生存率があがります。

稚魚の飼育が難しい

ブラックファントムテトラの稚魚は非常に小さく、ブラインシュリンプを食べるのも難しいです。したがってさらに小さい餌「インフゾリア」や「卵黄」を与えて飼育する必要があります。

稚魚向けの餌を与えると水質悪化が加速するので適度な水換えが必要になります。また、水換え時には水温などに気をつけないとショック死などを起こすので維持が非常に困難です。

ブラックファントムテトラ飼育まとめ

  1. 寿命は3年〜5年
  2. 体高があるが5cmほどまで
  3. 混泳はしやすい(エビOK)
  4. 購入時は水合わせを行う
  5. 餌はフレークでもなんでもOK
  6. 水流は弱めで水質は弱酸性

ブラックファントムテトラは地味と思う人、カッコイイと思う人と好みが別れる熱帯魚。そのためか価格もリーズナブルです。場所によってはレッドファントムテトラしか売っておらず、入手できないかもしれません。(ネットでは普通に買える。)

割とマニア向けな熱帯魚かもしれませんが、水槽内に5匹ほどいるとアクセントとしてレイアウトをパキッと仕上げることもできるのでおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次