グラスブラッドフィンの飼育|混泳・寿命・繁殖・飛び出し防止

グラスブラッドフィンは尾ひれが赤くなるカラシン科の熱帯魚です。水質管理が不慣れな初心者でも飼育しやすいことでも有名です。この記事ではグラスブラッドフィンの適した水質や育て方、寿命や餌、繁殖の仕方などを紹介しています。

目次

グラスブラッドフィンの特徴

グラスブラッドフィンの基本情報
大きさ 4〜6cm
水質 pH6.0〜7.5
硬度 1〜30
水温 20度〜27度
寿命 1年〜3年
学名 Prionobrama filigere
分類 カラシン目
カラシン科
分布 エクアドル
コロンビア
ペルー
ボリビア
ブラジル
別名 とくになし
繁殖 ばら撒き
参考価格 150円〜

グラスブラッドフィンの概要

グラスブラッドフィンは体色が透明で尾ヒレが赤く染るカラシンの仲間です。弱酸性〜アルカリ性まで対応できる丈夫な種であるため、初心者でも飼育しやすいのがポイント。

グラスブラッドフィンとは対照的に頭だけ赤く染まるラミノーズテトラも人気があり、どちらを水槽に向かえるか、はたまた両方混泳させるかを悩むアクアリストは非常に多いです。

あわせて読みたい
ラミノーズテトラが赤くならない原因は?正しい育て方(混浴相性・餌・繁殖・レイアウト)を紹介! ラミノーズテトラは赤い頭が印象的な小型の熱帯魚です。餌にしばりはなく初心者でも育てやすいので導入生体としてもオススメ。この記事ではラミノーズテトラの育て方を...

グラスブラッドフィンの飼育方法

水合わせは必要

グラスブラッドフィンは丈夫な魚と言われてはいますが、急激な水質変化や水質悪化には対応できません。水合わせを行わずに水槽に入れると病気になったり、そのまま死んでしまう場合があります。

水合わせの一例
  1. 購入してきた袋を水槽に浮かべる。もしくは同じ温度の水が入ったバケツに袋ごと入れて30分放置。
  2. 袋に2〜3ヶ所穴を開けて導入する水槽に浮かべてさらに30分。(穴の空いた面を水中に)
  3. 袋にハサミを入れて先程よりも水が混ざるようにする。さらに30分放置。
  4. 最後に個体を水槽にうつし、袋の水は袋ごと取り除く。(気にならなければ水も入れて良い)

一番安全に移し替える方法は点滴法による水合わせですが、初心者にはちょっと面倒。上記の内容なら特別な道具も必要ないので誰でも実践することが可能です。時間の許す限りゆっくりと合わせてあげましょう。

餌はなんでも食べる雑食性

  • フレーク
  • 顆粒
  • 冷凍アカムシ
  • 乾燥アカムシ

グラスブラッドフィンはなんでも食べるため、プレコフードのタブレットも食べる個体がいるほど。導入直後は警戒し、餌を食べてくれないことが多いですが、アカムシなどの沈下性の餌は食いつきやすいです。また、他の同サイズの魚がいる場合は他の魚が食べる姿を見て学習し導入直後から食べてくれる場合もあります。

飛び出し防止策は必須

水槽の隙間2▲隙間は徹底して埋める

グラスブラッドフィンは俊敏な泳ぎゆえに水面に飛び出してしまうことがよくあります。1cmの隙間であったとしてもそこから飛び出してしまうので蓋の隙間は必ず埋めるようにしましょう。

あわせて読みたい
水槽から魚が消えた!熱帯魚の飛び出し原因と対策 ある日水槽を除いたら、熱帯魚の数が減っている。いつもの魚がいない。なんてことがあると思います。隠れているだけ。なんてこともありますが、数日経っても姿が見えな...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる