夏場に向けて!水槽クーラーおすすめ15選紹介!

ChihirosRGBプラスシリーズ(APLUS)を使った水草水槽|【水之ぽき作】

ChihirosRGBプラスシリーズを使った60cm水槽レイアウトのご紹介です。立ち上げにかかった費用や道具、機材などを紹介しています。多くの水草が使われている水景でそれぞれ管理する上でポイントも掲載しています。これから60cm水槽を立ち上げたいと思っている方は是非参考にご覧ください。

水之ぽきさんのアイコン

この作品を手がけた人:水之ぽき


目次

60cm水槽レイアウトの概要

ぽきさんのレイアウト

作品タイトル 4年越し水草水槽
EAコンテスト No.8

レイアウトスペック詳細

スペック詳細
水槽スペック エーハイムグラス水槽EJ-60
60cm×30cm×36cm
ソイルなど砂底 プラチナソイル
田砂
フィルター フィルターエーハイムクラシックフィルター2213
照明器具 Chihiros RGB A PLUS
光量 2,400lm以上
点灯時間 8時間
CO2 1秒3滴 8時間
換水頻度 2週/1回30%

レイアウトに使用した水草

使用した水草
前景 ニューラージパールグラス
前景 グロッソスティグマ
前景 ヘアーグラス
前景 オーストラリアンドワーフヒドロコティレ
中景 アヌビアスナナ
中景 ミクロソリウムナローリーフ
中景 ミクロソリウムプテロプス
中景 ボルビティスヒュディロティ
中景 クリプトコリネ・ウェンティーブラウン
中景 ラゲナンドラ・ミーボルディレッド
中景 エキノドルス・ウルグアイエンシス
中景 エキノドルス・ルビン
後景 ロタラロトンディフォリア
後景 パールグラス
後景 ルドウィジアsp.スーパーレッド
後景 クリプトコリネバランサエ

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
レッドテールイエローファントムテトラ グリーンネオンテトラ
プリステラ オトシンクルス
ヤマトヌマエビ

水槽立ち上げの費用目安

水草 約16,000円
流木・石など 約5,000円
機材・備品 約50,000円
総額費用 約71,000円

60cm水槽レイアウトのポイント

凹構図レイアウト

定番の60規格水槽で、構図はよくある凹型構図のレイアウトとなっています。水草達もポピュラーなものばかりで、基本に忠実な作りかと思います。

3年以上同じソイルを使用

立ち上げたものの仕事が多忙でメンテ出来ず放置状態となり、3年かけて緩やかに水草が消えていきました。。。その後、仕事が在宅化したことを機にアクア熱が復活しますが、リセットする気力まではありませんでした。水草を植えなおしてCOの添加を再開した程度です。古いソイルもそのまま使っています。

CO2と液肥添加で水草が復活

しばらく思うように水草が育ちませんでしたが、CO2の量を気持ち多めにして、液肥をしっかり添加するようにしてから、徐々に水草が茂っていきました。そして立ち上げから4年以上経過した今になって、だいぶレイアウトっぽくなってきました。

環境を整えれば水草水槽は長く楽しめる

短いスパンでレイアウトをリセットしたり、複数の水槽を立ち上げたり、といったことが出来ない人も多いと思います。自分もそうです。そういう人は、一度失敗してしまうとリカバリーが難しく、挫折してしまうことも多いのではないでしょうか。しかし、気長にまったりと環境を整えていけば、リセットをせずともレイアウトを楽しむことが出来ると思います!

60cm水槽の立ち上げの様子

立ち上げ時の様子

序盤はグロッソスティグマやクリプトコリネがメインに植栽されている様子がわかる。

途中経過

グロッソスティグマがなくなり、アヌビアスナナやバランサエが目立つ。

くぼみができ、石や化粧砂が加わり一味違った水景にシフトチェンジしている様子。

ルドヴィジアsp.スーパーレッドやロタラロトンディフォリアが際立つ。パールグラスで今まで隙間があったポイントを埋め一層水草の茂みが強調された。

ここが水之ぽき氏が先述していた「放置状態」の期間だろう。アオミドロが全体に覆っている。多くの人がこの状況に陥ったらリセットを検討しそうだが。

完成と4年越しの水景

ここまで持っていくのに執念じみたものを感じるが、水草が落ち着きを取り戻した自然を感じる水景。EAコンテストでは初心者が真似しやすいというコンセプトだったため、順位は落としたが、単に優れた水景を決めるコンセプトなら上位に位置してもおかしくないだろう。

この水槽レイアウトで使われた道具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次
閉じる