世界水草レイアウトコンテスト45cm水槽レイアウト完成までの道のり

世界水草レイアウト2021水槽レイアウト

世界水草レイアウトコンテスト(IAPLC2021)に今年も参加しました。世界水草レイアウトコンテスト(IAPLC2021)は毎年開かれる世界規模の水草水槽コンテストになります。無料で参加でき、自身の作品に世界順位が付くので1年に1回の成績表のように指標を図る意味でも役立つコンテストになります。この記事では世界水草レイアウトコンテストに参加した作品の立ち上げ過程や使っている機材、co2や照明の点灯・添加時間など詳細にまとめています。レイアウト作品を作る参考としてもご覧ください。

スポンサーリンク

45cm水槽のコンセプトと使用用品

世界水草レイアウトコンテスト2021

水槽コンセプト溶岩石を使った凹レイアウト

レイアウトスペック詳細

スペック詳細
水槽スペックスーパークリア アクロ45N
45cm×27cm×30cm
ソイルなど砂底プラチナソイル8L
ラプラタサンド1L
フィルターテトラ バリューAX
パワーフィルター VAX-60
照明器具GEXクリアLEDパワーⅢ450
Ustar Tech アクアリウムライト
光量1,500lm以上
点灯時間12時間
CO21秒1滴 12時間
換水頻度1週/1回50%

レイアウトに使用した水草

水草レイアウト配置

使用した水草
ウィローモスオーストラリアンクローバー
ボルビティスヒュディロイハイグロフィラピンナティフィダ
ルドヴィジアオバリスロタラsp.Hra
マヤカパールグラス
スクリューバリスネリア
なしブセファランドラなしアヌビアスナナ

水槽に入れている生体

水槽に入れている生体
ラスボラアクセルロディブルーラミノーズテトラ
バジスバジスオトシンクルス
アルビノミニブッシープレコアピストグラマトリファスキアータ
ヤマトヌマエビサイアミーズフライングフォックス

水槽立ち上げの費用目安

水草約7,000円
溶岩石3kg約1,544円
流木約1,800円
低床(ソイル系)約2,600円
機材・備品約61,000円
総額費用約73,944円

機材と備品は継続使用している物があるため、今回の水槽レイアウト立ち上げでは実際の総額には及んでいません。もし、この作品と同じ要件で立ち上げていく場合は上記の総額が目安となります。

スポンサーリンク

45cm水槽立ち上げに使った機材・備品

おすすめの45cm水槽

今回の水草水槽に使用した45cm水槽はアクロから出ている奥行30cmのものを使用しています。コトブキやGEXなどでもガラスフレームが売られていますが、アクロが一貫して低価格で入手出来るのでおすすめです。使用している水槽はかれこれ3年以上使用しているので耐久性も十分と言えます。

バジスバジス

3年経過だからそろそろ替え時かな〜。

濾過能力は外部フィルターとエアーで対応

奥行き30cmの45cm水槽では外部フィルターが一番無難と感じましたのでテトラバリューAXパワーフィルターVAX60を導入。水中モーターが目立つのIAPLC2021提出時には取り外しての撮影となります。

エーハイム2213よりも濾過能力は若干落ちる印象。45cm水槽には丁度よく5000円前後で購入できリーズナブルですが、若干の濾過能力が気になりました。そのため、レイアウトの右奥には濾材付エアーレーションを設けて濾過能力の底上げをしています。

温度管理は年中管理

外部フィルターとクーラーヒーター
年中管理といっても水槽立ち上げは半年管理しかしていないですが、ヒーターとクーラーの一体型を採用しています。水温はずっと26度で管理。

照明器具(水槽LEDライト)は12時間点灯

この水草水槽に使用した45cm水槽LEDライトは、GEXクリアLEDパワーⅢ450とAmazonで売られている中華製の水槽LED(UstarTechアクアリウムライト)です。GEXのLEDライトよりも中華製の方が光量が高いので総合ルーメンは1500以上になります。

UstarTechアクアリウムライトは手動による管理しかできないという光量は良いのに、UIはポンコツなので、12時間の点灯管理でした。非常に長い時間の点灯時間なので苔が心配されましたが、特段心配事は起きませんでした。

吸着性のプラチナソイルを使用

ヤシャブシの実を入れる▲3個1房もあれば十分でした。

床底はソイルのみ使用。栄養系ではなく吸着性のプラチナソイルを使用しました。全体の使用量は溶岩石の体積もある関係で4〜6L程度と意外と少なめです。ソイルと溶岩石のバランスからかpHが上手く下がらなかったので、途中でヤシャブシの実を入れるなどして、ルドヴィジアオバリスなどの調子が上がるまで調整を加えています。(ヤシャブシはおおよそ2週間ほど)

溶岩石3kgはセット売りで調達

溶岩石3kg

溶岩石は3kgお任せセット(約1,544円)を購入しました。上記はグレーのような色合いですが、濡れると黒色になります。どこにでもある普通の溶岩石ですね。本当ならショップに行って一つ一つ選ぶのが良いんでしょうけど、このようなランダムで調達も面白いかと思います。ちなみに若干、小石が足りないので拾った石を活用しています。

スポンサーリンク

45cm水槽レイアウト立ち上げから完成まで

石配置する際は網目フィルターを下敷きに

45cm水槽立ち上げ

傷防止としては置く意味あるのかレベルの大きさですが、はみ出ない大きさ程度を考慮したらこの形となりました。荒目マットを敷くと石もツルツル滑らなくなるのでおすすめです。

流木と石の配置

もはや正解は分かりませんが、谷が作れればよし。また、奥行きをできるだけ作れるように奥になるほど幅は狭く配置しています。白い道を奥に作る意識ではなく、奥にも続きがあるのだろうか?と思わせる程度を考慮しています。従って、水草で埋もれてしまっても良いくらいに考えての配置でもあります。この辺りは匙加減ですね。

水草植栽配置の参考

45cm水槽立ち上げ植栽配置

使用した水草
ウィローモスオーストラリアンクローバー
ボルビティスヒュディロイハイグロフィラピンナティフィダ
ルドヴィジアオバリスロタラsp.Hra
マヤカパールグラス
スクリューバリスネリア
なしブセファランドラなしアヌビアスナナ

真上から45cmを見た時の植栽配置になります。ソイルを注ぐ前にウィローモスを巻き付けて湿らせたキッチンペーパーを被せておくとその後の作業がしやすくなるのでおすすめです。ブセファランドラやアヌビアスナナは大体の植栽が終わったタイミングでソイルの流出を防ぐ意味合いで埋めていくのが良いかもしれません。

注水後は流木に重石を

注水後のレイアウト

右側の大きい石はレイアウトの素材ではなく、流木が浮かないようにする重石になります。1週間ほど経過しても流木が沈まなかったのでかなりの時間入れたままでした。また、左下の石に関しては溶岩石が足りなかった箇所を代用して配置している様子になります。のちに用意した溶岩石と差し替えています。

溶岩石を追加した時の変化▲溶岩石を差し替えた時の様子

水草の調子が上がるまでに行ったこと

ヤシャブシの実を入れる

先述しましたが、有茎草の育ちや色づきが微妙だったので、ヤシャブシの実を入れてPH減少を狙いました。1房でもPHは6.7~9台には落ち、水草の育ちも勢いが増した感じがします。(実は放置しても育った可能性はあるが、結果論としては…。)

成長を見て水草の追加を検討

水槽全体の成長を判断

立ち上げから2ヶ月(4月時点)ではまだパールグラスは植えていません。マヤカのみでボリューム確保ができるならそれで良いと思っていましたが、やはりマヤカだけでは透け感が強いですね。上記の写真でもある程度ピンチカットや差し戻しでボリュームを出したつもりだったのですが、やはり葉状によっては致し方ないなという印象。

パールグラスは隙間なくボリュームを出せることは分かっていたので、植えられる隙間に差し込んで残り1ヶ月でどれくらい変化があるかを見てみました。世界水草レイアウトコンテスト(IAPLC2021)の応募期間を考えるともはや博打ですね。

エントリーまでの残り2週間で調整

IAPLC2021まで残り2週間を切った水槽レイアウト

IAPLC2021の締め切りまで残り約2週間の時点でボリュームがなく、マヤカもまばらに伸長している状態でした。パールグラスが伸びるところまで待つしかないのですが、マヤカをここで切るべきか、否か。だいたい直前のトリミングは失敗しか生みませんが、今回もどうしようもなくちょっと体裁を整える程度にトリミングを少し行いました。

完成?:エントリー

世界水草レイアウトコンテスト2021

世界水草水槽レイアウトコンテスト(IAPLC2021)などのコンテスト応募は基本的に機材は取り払っての撮影になります。上記の写真もスマホ撮影ではなくカメラ撮影なのでちょっと写真の雰囲気が違います。撮影用にいつも以上にライトを当てているのもありますね。

結果としては部分的に水草のボリュームが足りなかったか…。というような印象も受けますし、もう締め切り考えたらここまでが精一杯といったようにも感じます。今見返すと赤い水草わざわざ植える必要もないよね。と思ったり、時間が経つと必要なもの、不要なものが滲み出てきます。

スポンサーリンク

世界水草水槽レイアウトコンテスト2021まとめ

結果1693位

今年の世界水草水槽レイアウトコンテスト(IAPLC2021)は1693位でした。去年は1570位でしたので、それと比べると若干落ちましたね。去年より少し力入れたつもりだったが、見透かされたか…。まぁ、たいして変わらないということは誰だってできるレイアウトは1500位〜1700位台は取れちゃうというのが実証できた感じもあります。

前回の作品は以下から読む事ができます。

水槽レイアウトの関連記事

タイトルとURLをコピーしました