10月21日よりADA製品が最大54%値上げ

オトシンクルスの飼育方法(餌や混泳・種類・死因・混泳)

オトシンクルス

オトシンクルスは小型ナマズの仲間でコケ取り生体として初心者からでも育てることができるため、非常にポピュラーな魚です。温厚で他の魚に干渉しないため、混泳としても抜群。むしろ温厚すぎて逆にいじめられることの方が多い魚とも言えます。そんなオトシンクルスの餌、死因、環境など育てる上で必要な情報を本記事でまとめていますので参考にご覧ください。

目次

オトシンクルスはどんな魚?

オトシンクルス
オトシンクルスの情報
分類ナマズ目
ロリカリア科
学名Otocinclus sp
種類ヴェスティタス
ヴィッタートゥス
アフィニス
分布ペルー
ブラジル
コロンビア
大きさ3〜4cm(最大5cm前後)
寿命3年〜5年
育成難易度
温度20〜26度
水質5.5〜7.5
硬度1〜8
繁殖壁や障害物に産卵
参考価格150円〜

吸盤ではなくヒレで吸い付く

オトシンクルス

オトシンクルスは腹鰭を使って水草を掴んだりして体を休めます。休んでいる時の姿は不安定な状態が面白く愛らしいですよ。とても平和的な魚で混泳によって生体や水草に害を与えることがなく導入しやすいです。

オトシンクルスは総称の名前

オトシンクルスは小型ナマズの仲間で、オトシンクルスの中にも多くの種類で分類されています。一般的にオトシンクルスとして販売されている品種はヴィッタートゥスであることが多いです。

温厚かつ小型なため、水槽に入れても存在感が薄いので大きさによっては3匹以上入れても物足りなさを感じる場合も。

コケ取り性能は低い

茶ゴケや水カビといった壁に付着する苔をよく食べます。しかし、スポット状の苔や糸状の苔などはほとんど食べることはありません。食べているのでしょうが、目に見えるほど食べることは無いのでコケ取り性能としてのランクは低いです。

コケ除去の生体としてではなく、コケ予防として投入するのが良いでしょう。コケ取りとして性能が高いプレコとして、オトシンネグロやアルビノミニブッシープレコがいます。主に茶ゴケの除去に非常に役立ちます。

コケ取りで入れる目安
30cm水槽3匹
45cm水槽3匹〜5匹
60cm水槽3匹〜10匹

オトシンクルスの飼育方法(餌や環境作り)

オトシンクルスに合う水質

オトシンクルスはpHの低い水質を好みます。(pHが低いというのは弱酸性寄りのことを指します。)適したpHは5.5〜7.5なので砂利を敷いている環境だと流木や水草を多く入れて調整しないと難しいかもしれません。

ただ、ソイルを敷けば基本的に低いPHは実現できるので飼育はほぼソイル一択とも言えます。ソイルは有機物なため、タマミジンコなどの生体も発生しやすいので、そのままオトシンクルスの栄養源となることもあり一石二鳥です。

オトシンクルスの水合わせ

ショップから迎え入れた生体は急激な水質変化に弱く、水合わせを行わずに水槽に入れると病気になったり、そのまま死んでしまう場合があります。簡単な水合わせは最低限行いPHショックが起こらないようにしましょう。

水合わせの一例
  1. 購入してきた袋を水槽に浮かべる。もしくは同じ温度の水が入ったバケツに袋ごと入れて30分放置。
  2. 袋に2〜3ヶ所穴を開けて導入する水槽に浮かべてさらに30分。(穴の空いた面を水中に)
  3. 袋にハサミを入れて先程よりも水が混ざるようにする。さらに30分放置。
  4. 最後に個体を水槽にうつし、袋の水は袋ごと取り除く。(気にならなければ水も入れて良い)

一番安全に移し替える方法は点滴法による水合わせですが、初心者にはちょっと面倒。上記の内容なら特別な道具も必要ないので誰でも実践することが可能です。時間の許す限りゆっくりと合わせてあげましょう。

オトシンクルスの餌について

  • コケ(茶ごけ、スポット苔)
  • 水カビ
  • ブラインシュリンプ
  • 沈下性タブレット
  • エビの抜け殻

オトシンクルスは水槽内の食べカスやガラス面についたコケなどを食べるため、特別餌を与えなくても十分に育ちます。柔らかい茶ゴケは特に食べる傾向が強く、茶ゴケ処理生体としても好まれます。

水槽を立ち上げたばかりの時は餌がなく、餓死してしまう恐れがあるので導入する場合はコケが発生した時などにするのがベスト。単にオトシンクルスを愛でたいから導入するのであれば沈下性タブレットを一欠片入れておくことをおすすめします。

オトシンクルスの繁殖方法

コケや隠れ家がある水槽内でオス1:メス2の比率で水槽に入れておくと繁殖が起こりやすいと言われますが、実際の飼育化での繁殖は難しいです。水換えを大きく行い水質に変化などをつけるとトリガーとなって繁殖行動をしてくれる場合があります。稚魚は生まれてから1週間ほどはヨーサックと言って自前の栄養素がありますが、ヨーサックがなくなると餓死してしまいます。ブラインシュリンプなどを与えるようにしましょう。

オトシンクルスの死因と対策

オトシンクルスの死因としては

  • 導入時の段階から弱っている
  • 導入時に水合わせに失敗
  • 他の生体にいじめられている
  • 障害物に挟まってしまう
  • 餓死

以上のことが挙げられます。特に水槽に迎えてすぐ死んでしまう場合は、導入時から弱っているが当てはまる事が多く、餓死というのは逆に死因としては遠いものになります。

オトシンクルスの死因

オトシンクルスは這うように泳ぎ回るため、稀にヒーターの裏や石組の間に入ったまま出れずに死んでしまうことがあります。通り抜けできるスペースを確保するか、そもそも侵入させないようにするレイアウトが必要です。

病気によって死ぬ場合

白点病

見た目は身体に白い点が増えていく病気です。寄生虫が原因で水槽内の魚への繁殖力は強いです。導入時に合わせて水槽内に唐辛子を入れておくと初期治療や予防ができ、水草にも影響がないためおすすめ。気になる場合はヒコサンZやアグテン、メチレンブルーで1週間別水槽で薬浴してから水槽に加えるのが最も安全。

尾ぐされ病

ヒレがバサバサとボロボロになっていく病気。魚の風邪とも言われるくらい発症しやすい病気でもあります。塩浴をすると悪化するので注意。適度な水換えをしつつ放置しておいても治りますが、気になるようなら隔離水槽でヒコサンZなどを使って薬浴しましょう。

オトシンクルスの混泳相性

エビや小型熱帯魚とは問題なし

オトシンクルスは比較的温和でサイズも小さいためエビとの混泳に向いています。稚エビやチェリーシュリンプであっても干渉しないでしょう。本当に平和的な熱帯魚と言えます。エビの抜け殻を餌として食べるシーンもしばし見ることができます。

サイアミーズフライングフォックスと相性悪

サイアミーズフライングフォックス

オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックスは、両者とも頭から尻尾の先まで黒いラインが入っている姿が酷似しています。オトシンクルスの泳ぐ姿を横から見るとサイアミっぽいと思う人も多いのではないでしょうか。

オトシンクルスは干渉しませんが、サイアミーズフライングフォックスの方が気になる傾向が強く追いかけ回すことが多々見受けられます。追いかけ回された挙句弱って死んでしまうなんてこともあるので混泳は注意。

縄張り意識の強い魚とも相性悪

アピストグラマトリファスキアータ

縄張り意識の強いシクリット系にどつかれて殺されてしまうこともあります。オトシンクルスはどこへでも泳いでいくのでフラフラと縄張りに侵入してボコボコにされてしまうこともあります。混泳は向かないと思った方が良いです。

オトシンクルスの種類

ゼブラオトシンクルス

オトシンクルスネグロ

ピグミータイガーオトシン(バンブルビーオトシン)

スレンダージャイアントオトシン

ヴァンパイアオトシン

オトシンクルスの飼育方法まとめ

低価格で入手できる

オトシンクルスはアクアショップとネットショップを平均すると、1匹150円〜300円の幅で売られています。
アクアショップでは安売りされていることも多く1匹あたり100円前後で入手することも可能です。コケ取り性能としては入れておいて損はないといった具合なので、混泳のバランスなど考えて入れるようにするのがベストでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アクアリウムが大好きなコンテンツディレクター。アクアリウム歴10年以上。WEB制作会社でSEOライターやディレクションなどをしている人。アクアリストを繋ぐメディアを作りたいと躍起になっている。

目次